Contact

TEL:0766-28-1523
FAX:07​​66-28-1552

Locations

〒933-0874
富山県高岡市京田131

Follow us
a

BLOG

こんにちは。 秋になり、食欲の秋、読書の秋になりました。 秋の味覚、秋刀魚もお店に出てますね。栗ご飯やサツマイモ皆さんたべられましたか? 十分に秋を楽しみましょうね。 ____________________________________________________________________ 今日はふるさと納税についてお話させて頂きます。皆さんふるさと納税はされていますか? 2008年に開始されたふるさと納税は、私たちの暮らしにより身近なものになりました。 実際にふるさと納税をしてみると、メリットが多かったので少しご紹介したいと思います! ふるさと納税は自分の育った故郷や、縁のある地域への想いを寄付として届けるために出来た制度です。           ふるさと納税とは、一言でいうと自治体に対する「寄附」になります。 一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告やワンストップ特例制度を行うことで、その寄附金は 税金の還付・控除が受けられます。 ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。 控除額の上限を超えていれば、控除の対象外となるので注意が必要です。 上限に収めるのがもっともお得ですね。 さて、このふるさと納税は住宅ローン控除を受けながらでも、利用することは可能なのでしょうか。 住宅ローン減税もふるさと納税も、所得税・住民税から税金を控除するしくみですが、ワンストップ 特例制度を利用した場合は、ふるさと納税分は住民税のみから全て控除されます。 この際、住宅ローン減税分の住民税からの控除額には上限があり、ふるさと納税分は残りの住民税で 全額控除することができます。そのため、住宅ローン控除に影響を及ぼすことなく両方の控除を受け ることが可能というわけです。 確定申告を行う場合は、ふるさと納税は所得税・住民税の両方から控除されますが、住宅ローン分は所 得税から控除された後に、満額控除できない場合だけ住民税からも控除されます。 (*ふるさと納税サイトにて控除上限シュミレーションをして上限金額を算出できます。) 源泉徴収票もあれば細かいシュミレーションにて金額がわかります。 それぞれのケースごとに、想定される控除額を割り出してみましょう。           そして返礼品ですが、お肉・お米・魚介類、季節特産品などの返礼品の自治体が人気があるそうです。 旅行に行けなくても地域の特産物が食べれるのはうれしいですね。 私は夏に北海道の白トウモロコシを頂きました! その他、返礼品はありませんが、地域の活性化や環境保全活動に寄付金を充てる自治体など充実しています。 皆さんも興味がありましたら是非調べてみて、想いのある地域などに寄付などいかがでしょうか。      

□ 鮮魚 伍右衛門 「毎日新鮮な地魚 “鮮”お届けします。」 地元にて魚屋さんを営んできた新湊漁港に近い射水市(立町8-13)「鮮魚 伍右衛門 」がリニューアルオープンしました。 店舗の厨房・店舗共に改装し、道路向かいのスペースに新たに駐車スペースを大きく設け、今回のテーマである「気軽に寄れる魚屋さん」 でのリノベーションとさせて頂きました。 富山の新湊漁港は県内で最も多くの魚種が水揚げされており、地元でとれた新鮮な魚が店頭に並んでおります。 店頭にて地魚を調理し、美味しい魚を店主がおすすめしてくれます。 お弁当や揚げ物などもテイクアウトしておりますので、お近くの際は、遊びに行ってみてください!   HPでは茹で紅ズワイ蟹や昆布締めなど全国配送もしてます。 https://goemon.shopinfo.jp/   施工後の写真はこちらから→

  こんにちは。 9月に入り、少しづつですが朝と夜が急に涼しくなり、夏が少しずつ終わっていくのを感じる瞬間があります。 秋は過ごしやすくて好きな季節なのですが、その反面秋は季節の変わり目で同時に台風などの自然災害が発生しやすいそうです。 今回は9月の「防災とストック収納」について考えてみたいと思います。 _______________________________________ 9月を防災の日とした経緯は台風シーズンを迎える時期でもあり、昔から水害を被ったことが契機となって 地震や風水害等に対する心構え等を育成するため、防災の日が創設されたそうです。 秋は偏西風の影響で台風のスピードが早く、台風発生から接近・上陸までの期間が短くなることが多いとのこと。 なので、日頃からのストックの確保と定期的な見直しが必要となりますね。 災害が起きたり、今のコロナ禍の状況でもっと外出がしにくい事が起きると、まず食料や暮らし消耗品が必要 になります。 防災に必要な備蓄については、家族構成によって食事や用意するものも異なりますが、政府HPにも記載 されていますので参考にしていただければと思います。 https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html (災害に対するご家庭での備え) これらの防災ストックなどはしまい込まずに、できるだけローリングストック(日常の中に食料備蓄 をを使用し、常に新しいものに入れ替える)ことを推奨しています。   そこでパントリー収納使用例として、 □ストックや生活消耗品などの備品を1か所にまとめ、家事動線として、玄関や勝手口からパントリー (ストック収納)→キッチンへの家事動線を作り日常の使い勝手を優先した間取りにすることで 使い勝手の良さや管理もしやすい収納空間にすることが可能です。           パントリー兼家事室としてのスペースとして可動式のオープン棚、カウンター収納…豊富な収納を用意し 食品から生活用品に至るまで、キッチン~リビングで必要なものをたっぷりとしまえるようになりました。 また、収納だけではなくアイロン掛けや書き物など奥様がいろいろな家事をこなせるようなマルチな空間を 想定してつくりました。     パントリーはリフォーム後に「つくってよかった!」と満足度も高い空間です。 収納リフォームをお考えの際は、一緒にパントリーをご検討してはいかがでしょうか。 キッチンの収納にお悩みの方は是非ご相談ください。 使い勝手に配慮したプランをご提案させていただきます!                      

こんにちは。 今日はこれからの暮らしに大きく影響していく環境問題について少し話していこうと思います。 _________________________ 最近、メディアで目にしたり耳にする機会が増えた「SDGs(エスディージーズ)」という言葉知っていますか。 SDGsとは持続可能な開発目標の略称で、地球の環境や貧困などさまざまな課題を解決しながら世界中の人々が豊かで幸せに暮らせるよう、 「誰ひとり取り残さない」というキーワードを掲げ、定められた国際社会共通の目標を達成しようと合意しました。 気候変動や経済、貧困、格差など幅広い分野の課題解決を目指しています。     “地球の環境”という大きなテーマだけを聞くと、政府や企業が取り組む問題で個人にとってあまり関係なく感じられるかもしれません。 でも実は個人の身の回りでも、そして大人だけでなく子どもでも実行できる取り組みはたくさんあるのです。 そこで、今回はSDGsについて取り組みに何からやっていいかわからない・・等。ハードルを感じてしまう方に 国連広報センターから面白い記事が公開されていましたので紹介します。 私たちが日常生活ですごく簡単に取り入れられる行動もあるというのを伝えるために、このガイドができたそうです。 (国連広報センター参照) 『持続可能な社会のために、ナマケモノにもできるアクション・ガイド(改訂版)』https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/24082/           少し抜粋すると、 REVEL 1]■ソファに寝たままできること。 ☑ 使ってない機器の電源を切る!電源タップを利用する。 ☑ 支払いはオンラインで紙を節約! ☑ ソーシャルメディアを使いいい情報をシェアする! ☑ SDGsに取り組んでいる会社の製品を買う!   REVEL 2]■家にいてもできること。 ☑ 衣類はできるだけ自然乾燥して、電気やガスの節約を心掛けよう! ☑ エアコンの設定温度を夏は高め、冬は低めに設定しよう! ☑ 食べきれないものや残り物は早めに冷凍して、無駄を防ごう! ☑ 紙・プラスチック製品・ガラス・アルミをリサイクルしよう! REVEL 3]■家の外でできること。 ☑ 買い物にはマイ○〇を使おう!(マイバック・マイボトル・マイカップ) ☑ 買い物は地元で。地域の企業を支援する! ☑ 使わないものを寄付をして、必要な人に使ってもらおう!   など、いかがでしょうか。 少し意識すればできそうな事ばかりですね。 SDGs達成期限の2030年まで3437日です。10年もないんですね。 私もまずはこのような小さなことから実践してみたいと思います。